車の下取りと買取はどっちが得なのか?

中古車の下取りとは?買取とは?

車は下取りと買取でどちらがお得なのでしょうか?
まずは、下取りと買取の違いについて知っておきましょう。

 

車の下取りと買取の違い

  • 下取り:新しい車を買うお店に前の車を引き取ってもらうこと
  • 買取り:買取店に車の購入とは関係なく直接車を売却すること

 

車の下取りの特徴は?
下取りのメリット

値引きできない分を下取り額で多少なりとも補填してくれることがあります。
また買い替えの場合、買うのも売るのも同じお店だと手間が省けるというメリットがあります。

 

下取りのデメリット

他の買取店で高い査定額がついたとしても、下取り額をそれに合わせてくれることはほとんどありません。人気車種や装備も買い取りに比べるとプラスになりにくいと言われています。

 

下取りの注意点

新車ディーラーでは下取り価格を高めに提示することがあるようです。しかしこれは、車の値引き額を小さくした分を下取り価格に持ってきているだけで、トータルで見るとあまり得になっていないケースが多いと言われています。

 

値引き幅の相場と、中古車の買い取り相場を両方抑えておくことができれば、交渉の際に有利にことを進めることができるでしょう。

 

車の買取の特徴は?

買取りは買取店舗が車の価値を査定して、売り手がその価格に納得できたら買取るというシンプルな方法です。

 

買取のメリット

人気装備などが買取価格にダイレクトに反映され高値がつくこともよくあります。数店舗回ることで買取価格を比較でき、一番高い値段をつけてくれたところへ売却することができます。

 

お店が得意とするブランドの場合、通常よりも高めの値段をつけてもらえることがあります。

 

買取のデメリット

相場変動に敏感なため、いつ売却するのかが明確でないと低めの査定になるケースがあります。

 

車の下取りと買取はどっちが得なのか?

 

買取りなら新車ディーラーではなく買取専門店がおすすめ

 

売りたいクルマと次に買いたい新車が同じメーカーなら、ディーラーで下取りしてもらうのもいいかもしれません。しかし新車購入の値引き分と下取り価格は、まとめて決められてしまうから、下取り額は不透明なままです。

 

買取り店でまず売りたいクルマの価格を知ってから、次のクルマの購入資金を検討するほうが本当におトクかどうかわかりやすいです。

 

加えて、1つのメーカーだけを扱うディーラーよりも買取り店のほうが、メーカーにとらわれずに公平な目で査定してもらえることも多いです。また、ディーラーの査定は基準どおりで融通がききにくいため値段も上がりづらいです。

 

最近、買取り派の人が増えているのも、こんなところに理由があります。

無料の一括査定を利用して10万円高く売る!

高く売るためには無料一括査定がオススメです。

一括査定では30秒程度の入力で最大10社から買取業者を比較することができます。私の体験では16万円も高く車を売ることが可能でした!

しかし、ネットの一括査定で心配なのは、しつこいセールスがないかです。
これに関しては、電話がかかってきた時にしっかりと断れば、それ以後かかってくることはないので安心です。

ズバット」に登録されている買取業者は大手ばかりなので安心です。

「ズバット」車買取比較では、大手買取業者から一括査定が可能



ホーム 売却の体験談 売却の流れ 高額査定の基本 査定アップ術