査定のチェックポイントと査定員の見方|車売却の流れ査定のチェックポイントと査定員の見方|車売却の流れ

査定のチェックポイントと査定員の見方

査定で必ずチェックするポイントは、ボディー、内装、車検の残り期間の評価、カーナビ・ETCの評価額、などといったところです。

 

売却車の査定の際には、査定基準と照合しながら査定表が書き込まれていきます。
チェックされる箇所としては、一般的には次のとおりです。

 

査定のチェックポイント

  1. エンジン関係
  2. 足回り(ステアリング、ブレーキ、サスペンションなど)
  3. 内装関係
  4. 外装・塗装(色は一般的基準色が有利)
  5. バッテリー、電装品
  6. シャーシフレーム
  7. タイヤの磨耗度
  8. 付属品の機能、その外観
  9. 走行距離
  10. 事故歴
  11. 車検までの猶予月数

 

これら主項目からさらに小項目までを詳細に点検し、基準値に対して加点、もしくは減点していくことになります。

 

査定員はこうやって査定する

車の基本的な部分以外にどんな乗り方をしているかを見られます

 

買取査定で最初にチェックされるのは、『車種』『グレード』『年式』『ボディカラー』 などです。これにより買取額のベースが決まります。ただ、これらは車を買った時点から変更することができないものです。

 

次に査定士さんがチェックする部分で、買取価格を決める重要なポイントとなるのが、車の状態や使われ方です。『走行距離』『修復歴』 は価格を大きく左右しますが、ほかにも 『内外装のキズや汚れ』『整備履歴』『装備』 などが見られます。

 

査定では、“次に買う人が欲しいと思うようなもの” はプラスになり、反対に “あまり欲しいと思わないもの(修理などが必要になるもの)” はマイナスになります。

 

特に判断が難しいのは装備面。たとえばカーナビはプラス査定と考えがちですが、もはや付いているのが当たり前となりつつあります。そのため単に付いているだけではなく、どんなものが付いているかが判断基準になってきます。

 

またドレスアップもただパーツが付いているだけでなく、パーツのカタチや、トータルで見たときの完成度によりプラスにもマイナスにもなります。

 

まずは自分の車にどんなウリがあるかをじっくり考え、いいと思う部分は積極的に査定士さんにアピールしてください。これが査定アップを勝ち取る秘訣です。

無料の一括査定を利用して10万円高く売る!

高く売るためには無料一括査定がオススメです。

一括査定では30秒程度の入力で最大10社から買取業者を比較することができます。私の体験では16万円も高く車を売ることが可能でした!

しかし、ネットの一括査定で心配なのは、しつこいセールスがないかです。
これに関しては、電話がかかってきた時にしっかりと断れば、それ以後かかってくることはないので安心です。

ズバット」に登録されている買取業者は大手ばかりなので安心です。

「ズバット」車買取比較では、大手買取業者から一括査定が可能



ホーム 売却の体験談 売却の流れ 高額査定の基本 査定アップ術