ディーラーに下取りに出す|クルマ買取業者の比較

ディーラーに下取りに出す

愛車を手放す方法は大きく2つあります。一つは、車を買取専門店などで買取ってもらう方法(買取り)、もう一つは、新しい車を購入するタイミングで、その購入先の販売店に車を引き取ってもらう方法(下取り)です。

 

ディーラー下取りの特徴

新車販売が専門のディーラーでは、全国の中古車相場やニーズをリアルタイムに把握することが難しく、高い下取り金額を提示することはリスクが大きくなります。

 

下取り査定は基準が曖昧だと感じたことはありませんか? 各ディーラーによって新車購入とのセットで対応しているため、下取り提示額にばらつきが出てしまいます。

 

同じディーラー系列の中古車展示場を利用して販売するためエリアが限定されます。また、中古車オークション会場もメーカー系や近隣のエリア中心で販売するため、ネットワークが狭くなりがちです。

 

買い取りと比較すると、下取りの場合は在庫期間が長くなり、駐車スペースなど在庫管理の経費や中間マージン分の補填が必要となります。

 

在庫による車両管理コスト、値下がりリスクが下取り価格におりこまれるため、買取(下取り)価格は高いものは期待できません

 

 

下取りのメリット

 

新しい車を購入した販売店で、それまで乗っていた愛車を引き取ってもらう方法であるため、車を購入する手続きと手放す手続きを同じ販売店で行えます。非常に手間が省けるのがメリットと言えます。

 

下取りのデメリット

 

下取り価格が不明瞭なため、高く買い取ってもらってるかどうかわからないというデメリットが有ります。また、実際に高値で売ることが難しいという声も聞かれます。本当は愛車をもっと高く買取ってくれる買取専門店があったかもしれません。

 

 

以上のように、買取り・下取りどちらにもメリット・デメリットがあります。
しかし、愛車を高く買取ってもらいたいなら、やはり面倒でも複数店で査定を受けることが大切です。

無料の一括査定を利用して10万円高く売る!

高く売るためには無料一括査定がオススメです。

一括査定では30秒程度の入力で最大10社から買取業者を比較することができます。私の体験では16万円も高く車を売ることが可能でした!

しかし、ネットの一括査定で心配なのは、しつこいセールスがないかです。
これに関しては、電話がかかってきた時にしっかりと断れば、それ以後かかってくることはないので安心です。

ズバット」に登録されている買取業者は大手ばかりなので安心です。

「ズバット」車買取比較では、大手買取業者から一括査定が可能



ホーム 売却の体験談 売却の流れ 高額査定の基本 査定アップ術