車の売却時に必要な書類

車の売却時に必要な書類

下取り・買取りとも、手続きには各種書類が必要になります。
ほとんどは車に常備しておくものや、買取店で用意してくれるものばかりです。

 

自分で用意する必要書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 実印
  • 名義人の印鑑証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 住民票

 

自動車検査証(車検証)

車の所有者や使用者を証明するためのもので、車内に常時携帯することが道路運送者両法で義務付けられています。

 

これがないと車を売却できないので、紛失してしまった場合は運輸支局で再交付が必要です。

 

実印

市区町村で登録した印鑑です。車の名義変更を買い取り店に代行してもらうときの委任状や、譲渡証明書に押印が必要となります。

 

軽自動車の場合は認印でもかまいません。

 

名義人の印鑑証明書

実印が市区町村に登録されている印鑑だということを証明する書類です。発行後3ヶ月以内のもが必要です。

 

市区町村によって異なりますが、通常は300円ほどの手数料を支払えば即時発行してもらえます。軽自動車の場合には必要ありません。
(下取りの場合は2枚用意)

 

自動車税納税証明書

自動車税を納付した際にもらう領収書です。車を売却する際には最新の納税証明書が必要です。

 

紛失した場合には都道府県の税事務所などで再発行してもらいますが、未納欄に印がある場合は、未納分を納めてから再発行となります。

 

自賠責保険証

車検ごとに次の車検時までの加入手続きを行った際にもらう加入証明書です。期限が過ぎていると車を手放すことができません。車検証と共に保管しましょう。

 

紛失した場合には保険会社で再発行してもらう必要があります。

 

リサイクル券

自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明するものです。

 

紛失した場合には、自動車リサイクルシステムのホームページから 『自動車ユーザー向け>自動車リサイクル料金の預託状況』 を印刷します。その書面がリサイクル券の代替となります。

 

住民票

車検証に記載されている住所と印鑑証明の住所が異なる場合に必要になります。何度も引越ししている場合は、旧住所の転出証明が必要になるケースもあります。

 

ただし軽自動車の場合必要ありません。

 

買取店で用意してくれる必要書類

委任状・譲渡証明書

委任状とは車の名義変更などの手続きを、買い取り店に依頼したことを証明する書類です。

 

また、車を譲渡した際に必要なのが譲渡証明書です。どちらにも実印(軽自動車は認印で可)を押印する必要があります。

 

その他にもコレに注意

ローンを返済中の車は、車の所有者がクレジット会社や販売店の名前になっているはずです。この場合、手放す前にローンを一括返済する必要があります。

 

これらの手続きは買取店で相談に乗ってくれるので相談してみましょう。

無料の一括査定を利用して10万円高く売る!

高く売るためには無料一括査定がオススメです。

一括査定では30秒程度の入力で最大10社から買取業者を比較することができます。私の体験では16万円も高く車を売ることが可能でした!

しかし、ネットの一括査定で心配なのは、しつこいセールスがないかです。
これに関しては、電話がかかってきた時にしっかりと断れば、それ以後かかってくることはないので安心です。

ズバット」に登録されている買取業者は大手ばかりなので安心です。

「ズバット」車買取比較では、大手買取業者から一括査定が可能



ホーム 売却の体験談 売却の流れ 高額査定の基本 査定アップ術